--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.1510:34

早実、王先輩の前で爆発!25安打21点

「高校野球・2回戦、早実21‐6中京大中京」(14日)

 79年ぶりの名門対決となった一戦は、早実(西東京)が21‐6で中京大中京(愛知)に大勝した。大会史上3位の25安打と打線が爆発。OBのソフトバンク・王貞治会長が観戦する中、春夏通算60勝目を挙げた。

 4万7千人と満員に膨れ上がった甲子園に、乾いた打球音が次々と鳴り響いた。
早実が大会史上3位となる25安打の猛攻で21得点。圧倒的な攻撃力を発揮し、前年優勝の中京大中京を寄せ付けなかった。

 初回、8安打を集めた打者一巡の攻撃で一挙7点。和泉実監督(48)が「先攻なので、何とか1点と思っていたが、こんなにつながるとは」と驚くほどの鮮やかな先制パンチを決めた。さらに五回には11安打、打者16人を送る猛攻で12点。この回、鈴木、重信、真鍋、安田の4人がそれぞれ2得点し、1イニング個人最多得点タイをマークした。

 指揮官は「まさかこんなに点数が取れるとは思わなかった」と大勝劇を振り返った。中京大中京とは1931年以来、79年ぶりの対戦。前回は3‐4でサヨナラ負けを喫しており「OBにいい報告ができたらいいなと思ってました」と、勝利の味をかみしめた。

 テーマとして掲げる「つなぎの野球」を実践した。日ごろから長打を無理に狙わず、低い打球を打つことにチーム一丸となって取り組んできた。25安打のうち、実に21安打がシングル。5安打4打点と大暴れした重信は「とにかく塁に出ようと。つなぐことだけを考えていました」と、してやったりの笑みを浮かべた。

 母校の試合を観戦したソフトバンクの王会長も「バットがよく振れていた。選手は伸び伸びプレーしていた」と、目の前で大暴れした後輩たちの勝利をたたえた。

 17日の3回戦では東東京代表の関東一と対戦する。重信は「相手のことを意識すると思いますが、とにかく自分たちの野球をするだけ。きょうのようにつなぐ意識で、次も勝ちたい」と“東京対決”に闘志を燃やしていた。
(引用:livedoorスポーツ)

■第1試合(2回戦)
 123456789

北大津
(滋賀)

0012004209

前橋商
(群馬)

0010020003

■第2試合(2回戦)
 123456789

関東一
(東東京)

32240000011

遊学館
(石川)

0001210004

■第3試合(2回戦)
 123456789

早稲田実
(西東京)

700012000221

中京大中京
(愛知)

1000000416

■第4試合(2回戦)
 123456789

長崎日大
(長崎)

2000000002

佐賀学園
(佐賀)

12000000×3
ソーシャルブックマーク/RSSリーダー
Baseball記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。