--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.03.2508:13

帝京・伊藤、148キロ豪腕を封印…センバツ

◆第82回センバツ高校野球大会(24日) 大会第4日は雨のため、全3試合が今大会初の中止となり、25日に順延となった。

 チームの勝利のため、個人的なこだわりは捨てる。帝京(東京)の148キロ右腕・伊藤拓郎(2年)は捕手を立たせたまま、高速スライダーも交えて約20球を投げ、甲子園の室内練習場に心地良いミット音を響かせた。「(25日に先発しても)スピードは意識しない。まずは勝つこと」。16歳の剛腕は冷静に語った。

 聖地での初先発は延期された。

昨夏の選手権ではリリーフで3試合に登板し、1年生史上最速の148キロを計測。大観衆の度肝を抜いた。「同じ甲子園で(自己最速)記録を出したい」と、背番号11の2年生は今大会での150キロ超えを目指してきた。

 しかし、悪条件が重なった。この日、宿舎で朝起きると「少しのどが痛くて鼻水も出た」と風邪気味と告白。また、25日も甲子園周辺の天気予報は雨。「多分、グラウンド状態も悪い。いつも通りの投球はできない」と力勝負ではなく、新球チェンジアップも交えて緩急で勝負する考えだ。

 雨中の公式戦経験はほとんどない。それでも、投げ合う相手は神戸国際大付(兵庫)のMAX144キロ右腕・岡本健(3年)。「燃えてきます」と伊藤は闘志をたぎらせ、悪条件をはね返す。

 ◆伊藤 拓郎(いとう・たくろう)1993年4月2日、徳島・阿南市生まれ。16歳。小学2年から軟式の「ツバメ野球部」で野球を始め、大泉西中3年時には東練馬シニアで最速142キロを計測。甲子園初出場だった昨夏、3回戦の九州国際大付(福岡)戦で1年生史上最速となる148キロをマーク。185センチ、81キロ。右投右打。家族は母と兄、弟。
(引用:livedoorスポーツ)

この順延がどのような影響がありますかね~

ソーシャルブックマーク/RSSリーダー
Baseball記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。