--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.1109:34

野村監督 非情通告に怒り露わ

東北楽天ゴールデンイーグルス

 「日本ハム7-1楽天」(10日、札幌ド)

 クライマックスシリーズ初進出のお祭り騒ぎが吹っ飛ぶ、“泥沼状態”になってきた。楽天の野村克也監督(74)は10日、2位が確定した9日に水面下で来季監督人事を進めている球団に対し、改めて怒りを露わにした。代理人である団野村氏(52)から、今季の結果にかかわらず契約更新しない旨を伝え聞いた事も明かし、誠意のない球団の姿勢に疑問を投げかけた。

 試合前の楽天ベンチが緊張に包まれた。「優勝(日本一)しても続投はないって言われた。団(野村)の方にも電話があった」。球団から“非情な通告”を受けたことを野村監督が明かした。

 退団の覚悟はしているが、その“やり口”が気に入らなかった。「去年の8月にも(契約打ち切りを)言われてるけど、もう一度話し合いましょうかってのが普通」。人づてに契約打ち切りの話を聞かされるのは、不愉快だったようだ。

 しかも、沙知代夫人が井上オーナー代行に確認したところ「そんな事は言ってない」と返答されたという。「(球団幹部は)逃げてばかり。バスにも乗らない」と自分を避けていることも気にくわない様子で、「オレには言わないで他人には(監督人事を)言ってる。陰でコソコソやりやがって」と吐き捨てた。

 ヤクルト監督時代にも同様なことがあった。95年に当時の桑原オーナーが「監督も今年で終わり」発言。しかしこの時は日本一に輝き契約延長を手にした。今回は仮に日本一になっても続投は厳しく、すでに後任には広島のブラウン監督に一本化されている状態。「CSに出て加味しないのか。情とか人間のふれ合いがない」と渋い表情だ。

 この日島田オーナーが札幌ドームを訪れていたが、「解任を言いに来たんだろ。こんなとこまで何の用事もないだろ」とばっさり。球団初のCS進出に沸く楽天の雲行きが、何やら怪しくなってきた。
(引用:livedoorスポーツ)

どうなる?

ソーシャルブックマーク/RSSリーダー
Baseball記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。