--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.0917:21

地に落ちた雄星 7四死球降板後ベンチで談笑に小野コーチ激怒

埼玉西武ライオンズ

 まさに弱り目にたたり目だ。不振で2軍調整中の西武・菊池雄星投手(18)は8日、社会人の日本通運との練習試合(西武第2)に先発。3回を投げて、無安打で1失点ながら、7四死球とノーコン大荒れの上に、ベンチで笑っていたことで小野和義2軍投手コーチが激怒。「無期限登板なし」を通達されるなど、昨秋のドラフト時に絶頂を極めた雄星株は地に落ちてしまった。

 試合後、小野コーチは、雄星と2番手で登板したドラフト3位の岩尾に対し、大声で気合をいれながら20分間ノックの嵐を浴びせると、2人を地面に座らせて説教を25分。

続きを読む

スポンサーサイト
2008.11.1709:54

西武“伝説の走塁”再現でアジア王者

埼玉西武ライオンズ

 「アジアシリーズ・決勝、西武1-0統一」(16日、東京ドーム)
 決勝が行われ、1次リーグ1位の西武(日本)が同2位の統一(台湾)にサヨナラ勝ちして、初優勝した。日本代表としてロッテ、日本ハム、中日に続く大会4連覇を達成した。西武は優勝賞金5000万円を獲得し、最優秀選手(MVP)には、九回二死一塁で左中間へサヨナラ適時二塁打を放った佐藤友亮外野手(30)が選ばれた。

西武やりましたね~
アジアシリーズも制覇してしまうとは!

続きを読む

2008.11.1007:30

西武 日本一

埼玉西武ライオンズ

 【西武3−2巨人】ヤングレオが歓喜の日本一に輝いた。3勝3敗で迎えた日本シリーズ第7戦は9日、東京ドームで行われ、西武が巨人を相手に終盤の集中攻撃で逆転勝ち。前身の西鉄時代を含めて4年ぶり13度目の日本一に輝き、就任1年目の渡辺久信監督(43)はナインの手で宙を舞った。シリーズMVPには第4、6戦で勝利投手となった岸孝之投手(23)が輝いた。

就任1年目で日本一とはやりますね~

西武は日本代表として「アジアシリーズ2008」(13日開幕)に出場する。

西武には日本代表としてアジアシリーズ頑張ってもらいたいですね!

続きを読む

2008.10.2208:20

石井一で王手!13K!!ポストシーズン男だ4連勝…西武

埼玉西武ライオンズ

 ◆パ・リーグ クライマックスシリーズ第2ステージ第4戦 西武9−4日本ハム(21日・西武ドーム) 西武が石井一の快投で対戦成績を3勝2敗とし、CS第2ステージ突破に王手をかけた。序盤から三振の山を築いたベテラン左腕は、7回3失点にまとめ圧巻の13K。ヤクルト時代から続く自身のポストシーズンの連勝も4に伸ばした。打線は、渡辺監督のオーダー変更がピタリと当たり、5番に抜てきした石井義が3安打するなど先発全員の15安打で9点。西武・涌井、日本ハム・グリンが先発する第5戦に、西武が勝つか引き分ければ、2004年以来の日本シリーズ進出が決まる。

 大舞台では無類の強さを発揮するベテランが、鬼気迫る熱投でCS優勝に王手をかけた。

続きを読む

2008.09.2706:28

西武お待たせ優勝!渡辺監督号泣で舞った

埼玉西武ライオンズ

 男泣きの渡辺監督が4度宙に舞った!優勝マジックを1としていた西武は26日、日本ハムに零敗。しかし、2位オリックスが楽天に敗れたため、4年ぶり21度目のリーグ優勝が決まった。4連敗でのV決定は史上初の“珍事”となったが、今季は4月5日から首位を独走。就任1年目の渡辺久信監督(43)は昨季26年ぶりのBクラスに沈んだチームを見事な手腕で再建し「球団改革元年」で栄冠をつかみ取った。

 万感の思いが込み上げた。オリックス大敗から5分後に試合終了。

続きを読む

ソーシャルブックマーク/RSSリーダー
Baseball記事
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。